読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は

書きたいことはたくさんあります。まず、オープニングから入れ替わりに気づくまで、そっから進む物語は楽しかった。

そして中盤に、この物語の根幹が明らかになり、ゾクゾクしました。

隕石落下により街がなくなり、みつはとたきは時間軸三年のズレがあること、みつはが髪を切った時に三年前にたきにあいにいった…その目印がたきに残っていた…伏線はちゃんと前半に貼られて中盤に開花する。

それからは、ドキドキしながら見てました。

歴史は改変され、東京で再び二人は出会う。

物語として、めっちゃ大好きな作品に出会えましたし、よく練られたSFラブストーリーでした。

傑作です。