読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪魔を憐れむ 西澤保彦

大満足のタックシリーズの短編集でした。
「無間呪縛」
ああ、懐かしくなるくらい、昔の西澤保彦の匠千暁シリーズの感覚になりました。
タックの一人称により展開していく物語と事件のあまりにも重くて気持ち悪い人間心理の真実。最近の西澤保彦にない胸糞悪さ。
さすが。
悪魔を憐れむ
まあ、やってること怖い怖い。自我を肥大化させすぎた人たち
ばかりの事件で、思いっきり胸糞悪い論理展開の果てにやっぱりラストは黒く重く、そして少しの因果応報。西澤保彦らしい作品です。
意匠の切断も、派手な事件からあまりにも怖い論理と人間の黒さ。
ラストは初期の妄想論理復活に懐かしくなりました。

悪魔を憐れむ